UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/2228

タイトル: 1857年の反乱におけるデリー政権の構造 (上)
その他のタイトル: The Power Structure of the Delhi Government in the 1857 Rebellion (1)
著者: 長崎, 暢子
著者(別言語): Nagasaki, Nobuko
キーワード: インド
発行日: 1974年3月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 64冊, 1974-03, p. 179-229
抄録: 1. The Position of Emperor in the Delhi Government2. Role of Classes in Delhi Rebellion3. The Establishment of the Court of AdministrationMany studies on 1857 Rebellion represent it as“dying groans of feudalism”mainly because Emperor Bahadur Shah II declared his sway.In examining the role played by the sipahi who set up the Court of Administration as their political organization, it is clear that the“restoration of the old power”is not the basic characteristic of the Rebellion.This article is a brief analysis of the position of Emperor in the Delhi Government, relationships between Emperor and other classes, as well as the Court of Admisistration.
URI: http://hdl.handle.net/2261/2228
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc06403.pdf2.09 MBAdobe PDF見る/開く
ioc06403a.pdf23.69 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください