UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/2229

タイトル: 落日と夕陽 : 唐詩における夕日の詩語初探
その他のタイトル: Sunset and dusk (Luori yu xiri) : Preliminary research into the treatment of dusk in Tang prose
落日與夕陽 : 唐詩中有關夕日詩語初探
著者: 山之内, 正彦
著者(別言語): Yamanouchi, Masahiko
キーワード: 唐詩
発行日: 1974年3月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 63冊, 1974-03, p. 41-119
抄録: 唐代詩人極其熱情地歌唱西下的太陽,有關夕日的詩語亦非常之多。尤其是“落日”與“夕陽”兩個詩語,無論從其使用次數上講,或從其所具有抒情内容的豐富性上講,都可以稱之為其代表。“落日”與“夕陽”這兩個詞,從種種角度去看,都表現出鮮明對照的性格。“落日”使人形成太陽西下時候那種鮮明形象的心象,同時它亦在詩人的心中燃燒起激烈的感情。對此,“夕陽”在空間中擴散其光輝和色彩,溫暖地擁抱人們和景物。“夕陽”亦常常與其他詞彙相結合而成為各種熟語表現。尤其“夕陽多”這個詩句,晚唐詩人喜歡用它來表現夕陽豐富多彩的美與他們對夕陽懷抱的無限向往之情。上面所提兩者性格之不同,正與盛唐詩到晚唐詩之間抒情性質的變化成一對應;從使用次數之多少也可以明瞭地看出盛唐-落日・晚唐-夕陽的對照關系。
URI: http://hdl.handle.net/2261/2229
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc06302.pdf3.12 MBAdobe PDF見る/開く
ioc06302a.pdf34.22 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください