UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/2249

タイトル: 「野草」的形成の論理ならびに方法について : 魯迅の詩と"哲學"の時代
その他のタイトル: Lu Xun and the construction of his 'self ' : The poetry and ‘Philosophy’ of "Yecao"
魯迅怎樣創造了他自己? : 關於『野草』的詩和“哲學”
著者: 木山, 英雄
著者(別言語): Kiyama, Hideo
キーワード: 魯迅
発行日: 1963年3月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 30冊, 1963-03, p. 137-225
抄録: 收在『野草』裡的二十三篇散文詩,是從1924年秋天到1926年春天斷續寫成的。在這個期間内,魯迅的創作呈現了特别濃厚的詩和“哲學”色彩,而『野草』可以說是代表這種傾向的作品。那麼,這裡所謂詩和“哲學”是怎麼一種性質呢?-這篇文章的主要目的就在探討這個問题,因之需要留給本文詳述,然而這裡不能不指出,『野草』裡的詩和“哲學”兩者當中,對在“光明和黑暗”“過去和未來”“生與死”之間掙扎着的作者說來,本來不會存在決定性的區别的。(誰都知道魯迅並不是所謂“哲學家”的)。總之可以說,『野草』這部很薄很薄的集子强而有力而且集中地表现了魯迅自我形成的一段努力。因此,以『野草』為主要材料,將那段努力的過程進行研究,容或能從它的邏輯和方法裡窺見魯迅精神的一斑也未可知。下邊略記這篇文章各節的主题-前言1.從呐喊到彷徨2.“寂寞”的構造3.在彷徨裡的行為4.生與死5.魯迅的中國,中國的“奴隸”6.友與讐-結尾語
URI: http://hdl.handle.net/2261/2249
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc03002.pdf4.61 MBAdobe PDF見る/開く
ioc03002a.pdf98.44 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください