UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
116 農学生命科学研究科・農学部 >
82 演習林 >
演習林報告 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/22506

タイトル: 人工二段林における林分構造の解析および距離従属型下木成長モデルの作成
その他のタイトル: An Analysis of Stand Structure of Understory Trees of a Double-Storied Plantation and Development a Distance-Dependent Growth Model for a Double-Storied Plantation
著者: 笹川, 裕史
箕輪, 光博
白石, 則彦
鈴木, 誠
村川, 功雄
里見, 重成
著者(別言語): SASAKAWA, Hiroshi
MINOWA, Mitsuhiro
SHIRAISHI, Norihiko
SUZUKI, Makoto
MURAKAWA, Isao
SATOMI, Shigenari
キーワード: 下木
人工二段林
林分構造
距離従属型成長モデル
競争指数
修正係数
Understory trees
Double-storied plantation
Stand structure
Distance-dependent growth model
Competition indicator
Modification coefficient
発行日: 2000年
出版者: 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林
掲載誌情報: 東京大学農学部演習林報告. 第百三号, 2000年, pp. 307-332
抄録: 本研究では,二段林下木の林分構造を解析するとともに,距離従属型の二段林下木の成長モデルを作成することを目的とした。調査地としては東京大学千葉演習林内のスギ-スギの二段林試験地を使用した。この試験地には同一林分内に上木の密度がヘクタール当たり150本,100本,50本の区画と皆伐区の4区画が設定されている。試験地において林分構造調査を行い,さらに各区画において下木を10本ずつ樹幹解析した。林分構造について見ると,下木の直径成長は上木の密度に影響されていたが,樹高成長は区画間では差がなかった。また,樹幹解析の結果から,直径の成長過程は一斉林と同様であるが,樹高の成長過程は一斉林とは異なることがわかった。成長モデルを作成するために競争状態の解析を行った。直径に関しては,個々の競争状態を表現するための尺度(競争尺度)では成長量の上限とばらつきしか表現できないことがわかった。樹高は競争尺度とは相関が見られなかった。そこで直径成長量そのものを表現するためにいくつかの競争尺度を同時に考慮した重回帰分析を行った。成長予測をするにあたっては,まず,成長曲線から連年成長量を求め,次いでそれに修正係数をかけて,競争状態を加味した成長量を算出する。ただし,修正係数とは重回帰式から得られた連年成長量を成長曲線から得られた連年成長で割ったものである。この成長モデルを使うことにより,時系列的な予測に加えて競争状態が変化した場合の複層林下木の成長予測が可能になると考えられる。
In this study, aiming at developing a distance-dependent growth model for a double-storied plantation forest, the stand structure of understory trees of a double-storied plantation was analyzed. The study area is located at Chiba Experimental Forest of the University of Tokyo. The experimental plot, a Sugi-Sugi stand, was divided into four parts based on the density of the overstory trees. A survey on the stand structure was carried out in each of the four parts and stem analysis was undertaken on 10 understory trees in each part. Though the understoried trees were found to be influenced by the overstory trees in terms of dbh growth, there were no significant differences for the four stands in terms of tree height growth. Stem analysis showed that the double-storied forest has the same process of dbh growth as that of the pure forest. To develop the growth model, competition conditions were analyzed. We devised a "competition indicator" to represent the competition conditions but found that it could only express the upper limit and variance of the growth. For that reason, we employed multiple regression analysis to model the growth of dbh with several competition indicators. Tree height was not related to the competition indicators. For growth prediction, we calculated a modification coefficient by dividing the annual growth calculated from the multiple regression analysis by the annual growth calculated from the growth curve. Growth was then calculated by multiplying the coefficient by the annual growth calculated from the growth curve, considering the competition conditions. This model enables temporal growth prediction for understory trees under various competition conditions.
URI: http://hdl.handle.net/2261/22506
ISSN: 03716007
出現カテゴリ:演習林報告
演習林報告

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
esrh103006.pdf1.5 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください