UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
116 農学生命科学研究科・農学部 >
82 演習林 >
演習林報告 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/22510

タイトル: カラマツ属の形態分類および生態学的特性と分子系統との関係に関する研究
その他のタイトル: Study on the Morphological and Ecological Characteristics of the Genus Larix with Special Reference to Its Molecular Phylogeny
著者: 木佐貫, 博光
著者(別言語): KISANUKI, Hiromitsu
キーワード: カラマツ属
分類
フェノロジー
DNA分析
系統
Larix
classification
phenology
DNA analysis
phylogeny
発行日: 2000年
出版者: 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林
掲載誌情報: 東京大学農学部演習林報告. 第百四号, 2000年, pp. 63-145
抄録: カラマツ属(Larix)は,マツ科で分類が最も困難な属のひとつである。同属は,球果形態によって10~16種に分類される。これらの樹種は,種鱗よりも苞鱗が短いカラマツ節と苞鱗の方が長いナガミカラマツ節に分類される。球果形態に種内変異が大きい樹種があり,分類の困難さをもたらしている。同属には種間雑種が容易に形成される特性があり,比較的新しい属であると推定された。一方,第三紀始新世中期の化石球果の発掘により,同属は比較的古い属であることが判明した。今回,生態的特性と分子情報をもとにカラマツ属の系統を解明した。
The genus Larix is one of the most difficult genera in the Pinaceae to classify, because the morphology of its members is very similar. Ten common species are distinguished primarily on the basis of cone morphology. These species are divided into two sections according to whether the bract extends from the seed scale. Short-bract types are included in the section Larix, while long-bract types are included in the section Multiserialis. The genus Larix is thoughed to be a comparatively new genera because interspecific hybridization between species occurs quite readily. But the progenitor of the genus Larix appears in the early Tertiary, because the oldest Larix fossils from the middle Eocene are found at high latitudes in North America. Hence, we tried to clarify the phylogenesis of the genus Larix using ecological and DNA results.
URI: http://hdl.handle.net/2261/22510
ISSN: 03716007
出現カテゴリ:演習林報告
演習林報告

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
esrh104002.pdf6.77 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください