UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
116 農学生命科学研究科・農学部 >
82 演習林 >
演習林報告 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/22548

タイトル: 里山活用における市民を中心とした社会関係形成の状況とその意義 : 霞ヶ浦流域「アサザプロジェクト」の事例
その他のタイトル: Building Social Relations Centered on Citizens in Utilizing SATOYAMA : A Case of "ASAZA Project" in Kasumigaura watershed; Situations and its Significance
著者: 吉村, 妙子
箕輪, 光博
著者(別言語): YOSHIMURA, Taeko
MINOWA, Mitsuhiro
キーワード: 里山
森林保全
市民参加
森林ボランティア
Satoyama
forest conservation
citizens'participation
volunteer for forestry
発行日: 2004年
出版者: 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林
掲載誌情報: 東京大学農学部演習林報告. 第百十一号, 2004年, pp. 1-24
抄録: 里山の重要性が広く認識されるようになり,市民による里山保全活動が活発に行われるようになってきた。市民による活動が展開していくなか,里山保全活動を行う市民と地域の様々な主体がどのような関係を形成していくのか,また市民個人個人がどのように里山保全活動に関わっているのか,といった課題が生じてきた。本研究ではこれらの課題を明らかにするために,市民参加による里山保全活動の先進的事例であり霞ヶ浦流域で実施されている「アサザプロジェクト」を対象に調査研究を行った。「アサザプロジェクト」とは,霞ヶ浦に自生するアサザの群落を再生させることをきっかけとして,湖全体の植生帯の復元を目指す事業で,1995年に開始した。この事業は,自然と共生することのできる社会システムづくりを目標としている。「NPO法人アサザ基金」を中心に,国土交通省,流域内の小学校,企業,市民など幅広い人々が参加している。本研究では,まずプロジェクトに参加する様々な主体の代表者に対して聞き取り調査を行い,中心的に活動している市民団体「アサザ基金」を基点とした主体相互の関係の構造を明らかにした。ついで森林管理活動である「一日きこり」の参加者に対してアンケートを行い参加者の特徴を明らかにした。そして市民参加の里山保全活動のなかで生じている課題とこのような活動の方向性について考察した。調査の結果,「アサザプロジェクト」を中心的に進めている「NPO法人アサザ基金」とこの団体から派生した「(有)霞ヶ浦粗朶組合」の二つが,多くの主体と関わって各主体をつないでいることが明らかになった。「アサザ基金」が市民以外の主体とも結びつくことで,それぞれの主体がもっていた技術や能力が統合され,林産物生産や環境教育といった幅広い活動を行うことが可能になったといえる。また,市民個人レベルでの参加状況を「一日きこり」でみると,参加者はすでに何度も参加している積極的な者から,知人に聞いて1度だけ参加してみたという者までいた。「一日きこり」は幅広い市民に対して里山保全活動に関わるきっかけを提供しているといえる。このことから,参加者を通して更に「アサザプロジェクト」が広まっていく可能性も考えられる。一方で,幾つかの課題も明らかになった。一つは,もともと異なる目標を持つ主体それぞれが,環境を保全していこうという共通認識を持つことの重要性である。多くの主体と関わっている市民には,その共通認識を各主体に伝える役割が期待される。次に,里山保全と結びついた事業を継続的に行っていくことが望まれる。多様な分野において,里山の状況に関する科学的知見にもとづいて事業が実施されることが求められる。いま一つは,市民団体の組織としての不安定さの克服であり,団体自身の努力や市民団体の活動を支援する制度の拡充などが求められる。
Recently, people have come to consider Satoyama to be an essential area. Some people, especially those who live in city areas, are acting practically to preserve Satoyama. In this situation, the relations between active people and others, and the ways individuals participate are important factors. This study aims to examine these relations and ways and is based on a case study of the ASAZA Project in the Kasumigaura watershed that has advanced in a form of citizen participation. The project started in 1995 with the aim of restoring a vegetation belt along the whole of the Kasumigaura Lakefront. It was mainly concerned with the restoration of ASAZA (Nymphoides peltata). Its final goal is to realize a society that can be sustainable in terms of nature and human relations. There are various types of participants; "Nonprofit Organization Asaza Fund" which plays a leading role, Ministry of Land, Infrastructure and Transport, elementary schools in the watershed, some companies, and individuals. The research methodology was as follows. First, interviews with the main participants were carried out to examine the relations among participants. Second, questionnaires to "ICHINICHI-KIKORI" participants were distributed for the purpose of gaining data to explain the characteristics of citizens who join individually. "ICHINICHI-KIKORI" is one of the main activities of this project and is based on individual volunteers who preserve Satoyama through weeding activities. Finally, the subjects and directions of citizens'participation in Satoyama preservation were discussed. "Nonprofit Organization Asaza Fund" and "Kasumigaura Brushwood Fascine Association", which was established independently of the former, organized other participating constituents, making it possible to integrate their skills and abilities, and to produce various activities such as forest production or environmental education. Examination of the individual participants in "ICHINICHI-KIKORI" explained that there are many types of participation ranging from one-off to regular activities. These activities offered opportunities to various citizens for participating in the preservation of Satoyama. It may a possible result of the project that it is known widely via the participants. Some issues were also recognized. First, it is important that the various participants have common recognition of environmental preservation. Citizens are expected to diffuse such recognition through the abundance of their inter-relationships. Second, it is desirable that enterprises which are concerned with Satoyama preservation are sustainably undertaken. Enterprises should be carried out in various domains on the base of scientific information about Satoyama's condition. Another issue is the instability of the civic organizations. Their efforts and institutional support to overcome this are both essential.
URI: http://hdl.handle.net/2261/22548
ISSN: 03716007
出現カテゴリ:演習林報告
演習林報告

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
esrh111001.pdf1.79 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください