UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
116 農学生命科学研究科・農学部 >
82 演習林 >
演習林報告 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/22553

タイトル: Pseudomonas fluorescens の添加がアカマツとキツネタケのin vitro共存培養系に及ぼす影響 : MTB研究法確立のためのモデル実験系構築の試み
その他のタイトル: Effect of Pseudomonas fluorescens on in vitro Pinus densiflora and Laccaria laccata Co-culture System : Approaches for establishment of a model system for MHB research
著者: 田中, 恵
井出, 雄二
著者(別言語): TANAKA, Megumi
IDE, Yuji
キーワード: 外生菌根
キツネタケ
Pseudomonas fluorescens
in vitro
mycorrhization helper bacteria (MHB)
ectomycorrhiza
Laccaria laccata
Pseudomonas fluorescens
in vitro
mycorrhization helper bacteria (MHB)
発行日: 2004年
出版者: 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林
掲載誌情報: 東京大学農学部演習林報告. 第百十一号, 2004年, pp. 99-108
抄録: In vitroにおけるmycorrhization helper bacteria (MHB)の機能解明に関する研究手法を確立するため,アカマツとキツネタケの共存培養系に蛍光性シュードモナスを組み込んだモデル実験系の構築を試み,細菌の添加がアカマツおよびキツネタケに及ぼす影響を観察した。キツネタケの培養にFH培地が適用可能であることを確認した上で,キツネタケ栄養菌糸の成長に対するPseudomonas fluorescensの影響を検討した。滅菌水に分散させたP. fluorescensを塗布した培地でキツネタケを培養した場合,キツネタケ菌叢の直径成長が有意に減少した。また,P. fluorescensの液体培養を添加した培地においても,キツネタケ菌叢の直径成長は抑制された。一方,P. fluorescens培養液をろ過して添加した培地においては,キツネタケ菌叢の直径成長が促進された。これはP. fluorescensが産生した物質の影響と考えられた。アカマツとキツネタケの共存培養系に,P. fluorescensを添加した場合,キツネタケのみを接種した場合に比べてアカマツの側根数が減少する傾向が見られた。P. fluorescensの添加がキツネタケ栄養菌糸の成長を阻害し,アカマツの側根形成を抑えた可能性が考えられた。
In order to establish an investigative method of studying the bacteria promoting ectomycorrhizal formation, an in vitro model experiment was conducted. The applicability of FH culture medium to the cultivation of Laccaria laccata has been confirmed, and the effect of Pseudomonas fluorescence on the growth of L. laccata was discussed. Growth of L. laccata mycelium showed a significant decrease when P. fluorescence suspension in sterilized water was applied to the surface of the culture medium during cultivation. Also, the mycelial growth was suppressed by the addition of a P. fluorescence liquid culture. On the other hand, mycelial growth was promoted when filtered P. fluorescence culture solution was added, which signifies the effect of certain substances in the filtrate produced by P. fluorescence. Inoculation of L. laccata was found to promote lateral root formation of Pinus densiflora. However, in comparison with the inoculation of L. laccata only, the inoculation of L. laccata with P. fluorescence suspension resulted in a decline in the number of lateral roots. The addition of P. fluorescence seems to inhibit the growth of the mycelium and causes suppression in the lateral root formation of P. densiflora.
URI: http://hdl.handle.net/2261/22553
ISSN: 03716007
出現カテゴリ:演習林報告
演習林報告

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
esrh111006.pdf731.59 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください