UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/2298

タイトル: 閉じこめられたヒツジたち : 中国江南農耕社会のヒツジ飼育から見た商品経済の発展
その他のタイトル: 被幽禁的綿羊 : 從中國農耕社會羊飼養看商業經濟的發展
The “confined” sheep : The economic development of Chinese agrarian societies through the example of sheep breeding in Zhejiang
著者: 菅, 豊
キーワード: 江南
牧羊
発行日: 1998年3月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 135冊, 1998-03, p. 95-139
抄録: 本文就中國江南地區複和生業經營戰略的曆史特質,擬從家畜飼養,特別是從羊飼養方面與以分析。中國江南地區從宋代的三角圩田、圍田開發及水稻新品種引進,經明淸兩代經濟作物的多方面生產,終於發展成為中國屈指可數的農耕發達地區之一。於是,在那里形成了以穀物、蔬菜、果樹等為內容的農耕與猪、鶏等家畜家禽飼養及養魚、養蠶等各方面有機結合的,高度集約型的農桑牧漁相連的經濟形態。可以設想,曾經有過一個目標,即通過這種結合,使有限的環境、資料盡得其用,從而極大地提高生產力。於是,在浙江太湖周邊之湖州、嘉興地區,被稱作“湖羊”的羊的飼養,就被編入到這種農桑牧漁相結合的形態中去。羊本是在寒冷乾燥地方飼養的“畜牧家畜”。而農耕發達的湖羊飼養地却高温多湿,那里飼養的家畜存其量是以猪、水牛等大型有蹄類及鶏、鴨等家禽類、即“非畜牧家畜”為中心的。這種不利於養羊的自然、經濟環境下的羊飼養,体現了農耕社會家禽飼養的特質,是理解其社會、文化的重要標識。簡言之,原本作為“畜牧家畜”的羊,被改變為“非畜牧家禽”而飼養,因而可以料想,在家畜管理技術及品種特性的變化過程中,農耕社會的論理因此就被反映出來。本文將現存湖羊品種及飼養技術的特性當作曆史資料加以理解,從而試圖理淸江南地區住民對環境、資源進行徹頭徹尾管理之來龍去脈。
URI: http://hdl.handle.net/2261/2298
ISSN: 5638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc13503.pdf3.73 MBAdobe PDF見る/開く
ioc13503a.pdf51.49 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください