UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/2304

タイトル: 雲南国境地帯の定期市 : 市の構造とその地域社会に与える影響
その他のタイトル: 雲南邊境地區的定期集 : 市構成及其對地域社會的影響
著者: 西谷, 大
キーワード: 雲南省
定期市
発行日: 2005年3月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 147冊, 2005-03, p. 340-307
抄録: 本文以雲南省的紅河哈尼族彜族自治州金平苗族瑤族傣族自治縣的集市為綫索,一邊把握集市的構成,一邊考察了集市對地域社會所産生的影響。 並由此得出當地的不同時代的集市所共有的特性,以及復原出以往的國家周邊地區生活世界的變遷,從而為理解這些變遷提供有用的視點。 從調査地者米的集市構成中可以發現的當地的定期集市形成的4個理由,它們是:村民有可以出售的剩餘産品;因為遠離作為大消費市場的都市而且交通不便所以村民不能通過自己的勞力運輸這些剩餘産品;當地集市具有消化這些剩餘産品的功能;由集市網絡和商人等中介的存在所産生的商品流通的必要性。 定期集市可以超越過境和民族的界限在地域社會中擴展。 定期集市也通過把地域社會融入集市網絡,形成了既可以購買到本地的土特産品又可以購買到外地的生活必需品的商業系統。
URI: http://hdl.handle.net/2261/2304
ISSN: 5638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc14707.pdf1.98 MBAdobe PDF見る/開く
ioc14707a.pdf34.78 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください