UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
82 地震地殻変動観測センター >
1318210 学術雑誌論文 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/23635

タイトル: 静穏化現象として見た地震空白域の形成過程
著者: 佃, 為成
著者(別言語): Tsukuda, Tameshige
キーワード: Seismicc gap
Weismic quiescence
Cluster of hypocenters
Seismicity pattern
発行日: 1998年
出版者: 日本地震学会
掲載誌情報: 地震. 第2輯 第50巻 別冊, 1998, pp. 101-103
URI: http://hdl.handle.net/2261/23635
ISSN: 00371114
出現カテゴリ:1318210 学術雑誌論文
014 自然科学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
tsukuda12.pdf3.84 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください