UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
118 総合文化研究科・教養学部 >
哲学・科学史論叢 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/23884

タイトル: モラル・エンハストメント(道徳能力の増強)は脳神経倫理学の議題となるか? : ニューロエシックスと脳科学ガバナンス
その他のタイトル: Can Moral Enhancement be a Subject of Neuroethics? : Neuroethics and the Governance of Brain Science
著者: 立花, 幸司
著者(別言語): TACHIBANA, Koji
発行日: 2009年1月10日
出版者: 東京大学教養学部哲学・科学史部会
掲載誌情報: 哲学・科学史論叢. 第十一号, 2009年1月10日, pp. (1)-(35)
URI: http://hdl.handle.net/2261/23884
ISSN: 13446185
出現カテゴリ:哲学・科学史論叢
哲学・科学史論叢

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
tkr11_09.pdf3.51 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください