UT Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
118 総合文化研究科・教養学部 >
50 広域科学専攻 >
1185010 学術雑誌論文 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2261/24376

タイトル: 対人不安傾向と完全主義認知が演奏状態不安に及ぼす影響
その他のタイトル: Effects of Trait Social Anxiety and Cognitions of Perfectionism on State Music Performance Anxiety
著者: 吉江, 路子
繁桝, 算男
著者(別言語): YOSHIE, Michiko
SHIGEMIASU, Kasuo
キーワード: 演奏不安
状態不安
対人不安
完全主義
music performance anxiety
state anxiety
sociel anxiety
perfectionism
Issue Date: 7-Jul-2007
出版者: 日本パーソナリティ心理学会
掲載誌情報: パーソナリティ研究. vol.15 no.3, 2007-07-07, pp. 335-346
抄録: 本研究は、 ピアノサークルに所属する大学生、大学院生77名を対象に、対人不安傾向と完全主義認知が演奏状態不安に与える影響を検討した。演奏状態不安の指標としてState-Trait Anxiety Inventory (Spielberger, Gorsuch, & Lushene, 1970) を用い、本番の演奏前後の状態不安を測定した。さらに、演奏状態不安の要因の指標として、演奏前に完全主義認知、演奏後に聴衆不安と相互作用不安、自己思考的完全主義を測定した。その結果、対人不安傾向のうち“聴衆不安”、完全主義認知のうち“ミスへのとらわれ”のみが演奏前状態不安と正の相関をもった。また、これら2変数には交互作用が見られ、“ミスへのとらわれ”高群においてのみ、聴衆不安傾向が演奏前状態不安を有意に予測していた。これらの結果より、演奏者のパフォーマンスを高めるための実践的示唆が得られた。
URI: http://hdl.handle.net/2261/24376
ISSN: 13488406
Appears in Collections:1185010 学術雑誌論文
011 哲学

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Personality_15_3.pdf325.53 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback