UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/24476

タイトル: 清代服制事案に関する一考察 : 秋審手続を通じてみたる
その他のタイトル: 对清代服制案件的一考察 : 通过秋审程序来看
著者: 赤城, 美惠子
発行日: 2009年3月27日
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 第155冊, 2009.3, pp. 1-59
抄録: 传统中国,律在制定时,将亲属间杀伤行为区别于非亲属间杀伤行为,在亲属关系规定中,又根据其身份关系的不同,制定了更为细致的具体规定。但基本上,尊长杀伤卑幼,比杀伤凡人处罚要轻,相反卑幼杀伤尊长,比杀伤凡人处罚重要。然而,清朝秋审判断,对于各种加重事由和减轻事由的积极引入,却缓和了律对于身份关系的这种严格区分。清朝律中规定了期功尊长杀害案件要处以斩立决的重罚,但如果具备了可减轻处罚的事由,就可通过审判程序中的夹签声请改为监候。虽然秋审中,期功尊长杀害案件因其罪情重大而不能不被认定为情实,但因为已具有了可让死刑延缓执行的减轻事由,于是很有可能在秋审中被免予勾决(死刑执行),而正是基于这一点的考虑,免勾二次即可改为缓决的办法被创造了出来。后来也被应用于其他的尊长杀害案件。另一方面,尊长杀害卑幼,借助于条例也走向了严罚化,事实上即使是在秋审中,这类案件也不应当全部被认定为可矜、缓决。尊长杀害案件一旦被认定为情实,被勾决的可能性就会很大,即使勾决被免除,但要想改为缓决,必须经过十次的免勾。当然,亲属间的身份关系只是秋审判断时的考虑因素之一,杀害卑幼的尊长被确定为情实的要件与凡人案件相比要严格的多。如果单纯地就处分方式来看,律中规定的尊长杀害的斩立决要重于卑幼杀害的绞监侯,但在秋审判断之后,尊长杀害案件的处分实际上要轻于卑幼杀害案件。
URI: http://hdl.handle.net/2261/24476
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc115001.pdf1.15 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください