UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/24483

タイトル: 管理された民主化 : 普通選挙導入をめぐる香港の事例
その他のタイトル: 里的民主:围绕香港实施普选的个案
著者: 谷垣,真理子
発行日: 2009年3月27日
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 第155冊, 2009.3, pp. 324(69)-292(101)
抄録: 在香港,民主化只有部分地进行着.而且民主化的过程也被香港特别行政区基本法所控制的.本稿按照香港的情况名之为‘被控制的民主化(controlleddemocracy)'.二战后,中英两方面都警惕在香港进行民主化。但是,随着回归问题的抬头,1980年代香港政府才开始限定性的民主化。中方畏惧过快的民主化有可能破坏香港的繁荣和稳定。中英联合声明和基本法成为控制民主化的框架,特别是基本法载明了第三届立法会选举以前的发展过程,并定下了全部议员由普选产生的最终目标.2003年七一游行以后,所谓泛民主派开始主张实施普选,而香港的民主化再次成为热门话题.2004年4月,全人代常务委否定了2007年·2008年实施普选,但是2007年12月,它做出了2017年导入普通选举到行政长官选举中的決定.2008年立法会选举显示,泛民主派比亲政府派势力还盛.如果这个情况没有改变,2020年立法局选举全面实行普选的话,不可能否认的是,这一傾向将会导致泛民主派占半数以上议会的出现.
URI: http://hdl.handle.net/2261/24483
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc115008.pdf1.13 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください