UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
116 農学生命科学研究科・農学部 >
82 演習林 >
演習林報告 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/24555

タイトル: 非滅菌環境下におけるマツタケとアカマツの菌根合成
その他のタイトル: Ectomycorrhiza formation of Tricholoma matsutake with Pinus densiflora under non-sterile conditions.
著者: 進藤, 克実
松下, 範久
著者(別言語): SHINDO, Katsumi
MATSUSHITA, Norihisa
キーワード: 外生菌根
共生
マツタケ
アカマツ
接種
Ectomycorrhiza
Symbiosis
Tricholoma matsutake
Pinus densiflora |Inoculation
発行日: 2009年
出版者: 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林
掲載誌情報: 東京大学農学部演習林報告. 第百二十号, 2009年, pp. 1-9
抄録: 非滅菌環境下において,アカマツの実生苗,および空中取り木法により得た苗木にマツタケ培養菌糸を接種し,菌根合成を試みた。実生苗および取り木苗のいずれにおいても,マツタケ菌糸を接種した部位にマツタケ菌根の形態的特徴を持つ細根が観察された。それらの細根中にはハルティヒネットが観察され,また,マツタケ特異的プライマーによるDNA の増幅がみられた。これらの結果から,非滅菌環境下において,マツタケとアカマツの菌根合成に成功したと考えられた。
Cultured mycelia of Tricholoma matsutake were inoculated into seedlings and air-layered saplings of Pinus densiflora under non-sterile conditions for mycorrhizal synthesis. After inoculation, pine seedlings and air-layered saplings formed lateral fine roots that resembled T. matsutake mycorrhizae around the inocula. A Hartig net was observed in these lateral fine roots, and colonization of T. matsutake was confirmed by nested-PCR using T. matsutake specific primers. These results suggest that mycorrhizae of T. matsutake were successfully synthesized on seedlings and air-layered saplings of P. densiflora under non-sterile conditions.
URI: http://hdl.handle.net/2261/24555
ISSN: 03716007
出現カテゴリ:演習林報告
演習林報告

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ersh120001.pdf1.11 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください