UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
118 総合文化研究科・教養学部 >
20 超域文化科学専攻 >
超域文化科学紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/25390

タイトル: 感性的なものの中間休止 : ジャン=フランソワ・リオタールの崇高論における時間論的転回
その他のタイトル: The Caesura of the Sensible : J. F. Lyotard's Temporal Turn of the Sublime
著者: 星野, 太
著者(別言語): HOSHINO, Futoshi
発行日: 2008年11月15日
出版者: 東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻
掲載誌情報: 超域文化科学紀要 : Interdisciplinary cultural studies. 13. 2008年11月15日, pp. 145-159
URI: http://hdl.handle.net/2261/25390
ISSN: 13492403
出現カテゴリ:超域文化科学紀要
超域文化科学紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
hoshino_choiki13.pdf1.15 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください