UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
42 スラヴ語スラヴ文学 >
Slavistika : 東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学研究室年報 >

Please use this URL to cite or link to this article: http://hdl.handle.net/2261/33454

タイトル: 『エヴゲーニイ・オネーギン』のパラレリズムの一考察 : 白と赤のイメージによる作品構造をめぐって
その他のタイトル: Цветовой параллелизм в романе А. С. Пушкина «Евгений Онегин» : О толковании изображения снежного пейзажа в IV и V главах и структуре сюжетов с красным образом на белом фоне в романе
著者: 安田, 功
著者(別言語): ЯСУДА, Исао
Issue Date: 31-Aug-2008
出版者: 東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学研究室
掲載誌情報: Slavistika : 東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学研究室年報. 第24号, 2008.8.31, pp. 1-22
URI: http://hdl.handle.net/2261/33454
Appears in Categories:Slavistika : 東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学研究室年報
Slavistika : 東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学研究室年報

Files in This Article:

File Description SizeFormat
SLA0240001.pdf483.25 kBAdobe PDFView/Open

Items in UTokyo Repository are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback