UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
42 スラヴ語スラヴ文学 >
Slavistika : 東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学研究室年報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/33454

タイトル: 『エヴゲーニイ・オネーギン』のパラレリズムの一考察 : 白と赤のイメージによる作品構造をめぐって
その他のタイトル: Цветовой параллелизм в романе А. С. Пушкина «Евгений Онегин» : О толковании изображения снежного пейзажа в IV и V главах и структуре сюжетов с красным образом на белом фоне в романе
著者: 安田, 功
著者(別言語): ЯСУДА, Исао
発行日: 2008年8月31日
出版者: 東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学研究室
掲載誌情報: Slavistika : 東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学研究室年報. 第24号, 2008.8.31, pp. 1-22
URI: http://hdl.handle.net/2261/33454
出現カテゴリ:Slavistika : 東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学研究室年報
Slavistika : 東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学研究室年報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
SLA0240001.pdf483.25 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください