UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/336

タイトル: ハーバード学則改正(1825)とイェールリポート(1828) : アメリカにおける選択科目制度をめぐる論争の端緒
その他のタイトル: First Experiments with The Elective System and The Yale Report of 1828 : Some Notes on the Development of College Curriculum Administration in the United States
著者: 宮澤, 康人
著者(別言語): Miyazawa, Yasuto
発行日: 1977年3月30日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 16巻, 1977.3, p.1-22
抄録: This paper will trace some early steps in transition of college curriculum administration in the United States from prescrided system of liberal arts to elective one of practical subjects under the following sections, and make clear that there is less difference between Ticknor and his opponents, the authors of Yale Report concerning the ultimate aim of college education than as has been widely believed.
URI: http://hdl.handle.net/2261/336
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000687192.pdf2.54 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください