UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
113 工学系研究科・工学部 >
40 化学生命工学専攻 >
1134045 COE報告書 >

ブラウズ "1134045 COE報告書": タイトル

移動: 0-9 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
あるいは、最初の数文字を入力してください:   
ソート項目: ソート順: 表示件数 表示著者数:
検索結果表示: 1 - 20 / 81
 次ページ >
発行日タイトル著者
2006年2-アミノアルコール類からの光学活性N置換イミダゾール合成と不斉有機触媒への応用松岡, 由記; まつおか, ゆき
2005年2’-デオキシリボヌクレオシド 5’-O-ホスファイトをモノマーユニットとする新規H-ホスホネート法の開発加藤, 有希子; かとう, ゆきこ
2004年2’-デオキシリボヌクレオシド5’-O-ホスファイトをモノマーユニットとする新規H-ホスホネート法の開発加藤, 有希子; かとう, ゆきこ
2006年〔60〕フラーレンの官能基化と化学変換多田, 智之; ただ, ともゆき
2005年[60]フラーレンの官能基化と化学変換多田, 智之; ただ, ともゆき
2006年[60]フラーレンの官能基化と化学変換多田, 智之; ただ, ともゆき
2006年AaRS-tRNAネットワークによる翻訳精度維持機構長尾, 翌手可; ながお, あすてか
2006年Analysis of correlation between miRNA gene location and cancerPrieka Khusnul Khatima; ぷりか, ふすぬる, はてぃま
2006年Construction of a fluorescein-responsive chimeric receptor with strict ligand dependency劉, 文海; りゅう, ぶんかい
2005年DNA-色素コンジュゲーションを用いた新規色素超分子の開発樫田, 啓; かしだ, ひろむ
2006年Essential Role for Pax5 in H3K9-me2 Demethylation of the V(H) Locus in immature B-cellsSHARIF, JAFAR; しゃりふ, じゃふぁる
2004年“Molecular Mechanism of EF-G Catalyzed Translocation and Ribosome Dynamics”.薦田, 多恵子
2005年“Molecular Mechanism of EF-G Catalyzed Translocation and Ribosome Dynamics”.薦田, 多恵子; こもだ, たえこ
2006年Pax5が制御するヒストンの脱メチル化によるB細胞の分化促進機構の解析SHARIF, JAFAR; しゃりふ, じゃふぁる
2006年PNAビーコンと天然酵母を併用したSNPs検出宮島, 佳孝; みやじま, よしたか
2006年The transcription factor Yin Yang 1 is involved in DNA damage-induced transcriptional activation of p73呉, 寿栄; ご, じゅえい
2006年2―アミノアルコール類からの光学活性N置換イミダゾール合成と不斉有機触媒への応用松岡, 由記; まつおか, ゆき
2006年DNAと色素のコンジュゲーションによる新規機能性超分子の開発樫田, 啓; かしだ, ひろむ
2004年アゾベンゼン修飾DNAを用いた酵素反応の光制御劉, 明哲; りゅう, めいてつ
2006年アゾベンゼン導入DNAを用いた酵素反応の光制御劉, 明哲; りゅう, めいてつ
検索結果表示: 1 - 20 / 81
 次ページ >

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください