UT Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
118 総合文化研究科・教養学部 >
90 アメリカ太平洋地域研究センター >
アメリカ太平洋研究 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2261/34044

タイトル: A Grist Mill and Its Two Markets: Wheat and City-Country Relationship in the New York-Philadelphia Area during the 1780s
その他のタイトル: 一製粉所と二つの市場 : 1780年代における小麦とニューヨークフィラデルフィア‐地域の都市‐農村間ネットワーク
著者: Hashikawa, Kenryu
著者(別言語): 橋川, 健竜
Issue Date: Mar-2002
出版者: 東京大学大学院総合文化研究科附属アメリカ太平洋地域研究センター
掲載誌情報: アメリカ太平洋研究. 2, 2002.3,pp. 163-181
抄録: 本稿は1780年代に元フィラデルフィア商人リチャードーウォルンがニュージャージー州中部で営んだ製粉所一工場制工業の出現以前ではもっとも高度な製造業一をとりあげ、経済発展の条件について論じる。ウォルンの小麦入手と小麦粉供給のパターンからは、市場革命以前にすでに農村が市場ネットワークの一部だったことがわかるが、彼の製粉所は安価な小麦を入手しにくい場所に立地しており、その影響は決定的だった。ウォルンは血縁およびクエーカー教徒のネットワークを利用して安価なヴァージニア小麦を買いつけようとしたが、輸送費がコストを押し上げ、輸送船舶の運航が不定期にすぎたため断念した。地元農民はウォルンに小麦を売るのに癖路しなかったが、地元の小麦生産は天災と土地がやせたことにより、落ちこんだ。ウォルンは売れ行きと価格の情報をニューヨークとフィラデルフィアの商人から頻繁に得て、より有利な市場に小麦粉を送った。しかし市場の選択の成果は、収益の増大より、取り引きの低調な市場の回避、という便にとどまった。彼の小麦粉はしばしば粒が粗く湿っており、高品質で知られたデラウェア州ブランディワイン川地域からの小麦粉との競争に勝てなかった。ウォルンの製粉所は1800年までに生産量が落ち、ウォルンはフィラデルフィアに戻って再び商人となる。地域間の連結を利用できるかどうかが、市場革命以前においても経済発展にとって重要だったことを、彼の事例は示している。
URI: http://hdl.handle.net/2261/34044
ISSN: 13462989
Appears in Collections:アメリカ太平洋研究
アメリカ太平洋研究

Files in This Item:

File Description SizeFormat
atk002013.pdf1.71 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback