UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/34049

タイトル: 研究解説 : リプログラフィーと理論
その他のタイトル: Reprography and Theory
著者: 野崎, 弘
著者(別言語): Nozaki, Hiroshi
発行日: 1970年6月1日
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 22(6), 1970.6.1, pp. 260-263
抄録: この解説では情報をうけとめる最後の段階,つまり物質による固定化はどのようにして行なわれるか,いかなる材料が用いられるべきかを述べる。イメージ伝達の数式化を行なった結果,情報の伝達,蓄積,変換が見事な体系で論じられる。たとえは情報容量,S/N比などがそれである。これに対して従来,materialの分野ではこのような一般化に欠けるところがあり,この点についての新しい試みを提供する
URI: http://hdl.handle.net/2261/34049
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk022006002.pdf347.28 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください