UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/34050

タイトル: 研究解説 : トポロジカル・イメージ・サイエンス
その他のタイトル: Topological Image Science
著者: 飯田, 武揚
著者(別言語): IIDA, Takeaki
発行日: 1970年6月1日
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 22(6), 1970.6.1, pp. 264-269
抄録: 従来までの画像工学は物の像をいかに複写するかにとりくんできた.ところがこれからの画像工学は情報処理の高次元化にともなって判断したり,記憶したり,学習したりする分野にまで拡張してゆく必要性が生じてきている。一般にこの分野の画像工学はパターン認識という概念でとりあっかわれはじめているが, このパターン認識はallalyticalにおこなうものでなく,topologicalにおこなわれるべきであると考える。そう考えると人間がおこなっている情報処理はまさしくtopologicalなものであることがわかる。この解説においてはこれからの画像工学が位相数学(topology)を使ったImageScienceであるべきことを述べ,新らたにこのような分野をTopologicalImageScielleeとして発展させることを提唱する
URI: http://hdl.handle.net/2261/34050
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk022006003.pdf472.16 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください