UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/34621

タイトル: 特集5 : 矯正技術に関する基礎理論
その他のタイトル: Fundamental Theories on Technology of Leveling
著者: 荒木, 甚一郎
著者(別言語): ARAKI, Jin-ichiro
発行日: 1973年10月1日
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 25(10), 1973.10.1, pp. 444-448
抄録: 矯正は,製品の真直度・平坦度の向上を主目的とした加工法である.とくにテンションレベラによる板幅方向形状修正は,最近の矯正における大きな問題の一つである.ここでは,このテンションレベラに主眼を置いて矯正技術に関する基礎理論について概説する.
内容記述: 特集 工業用材料の生産・加工システムの最適化
URI: http://hdl.handle.net/2261/34621
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk025010005.pdf425.5 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください