UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/35178

タイトル: 特集3・1 : 汚染拡散問題解析における新しい要素モデル(その2) : SMAC+FLIC法による非圧縮粘性流れの解析
その他のタイトル: A New Element Model in Discrete Analysis of Pollution Problems (2nd Report) : One Numerical Analysis of Imcompressible Viscous Flows by SMAC Combined with FLIC
著者: 川井, 忠彦
渡辺, 正明
著者(別言語): KAWAI, Tadahiko
WATANABE, Masaaki
発行日: 1977年11月1日
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 29(11), 1977.11.1, pp. 619-625
抄録: 汚染拡散問題は移動現象(transport phenomena)の一例である.その本質は流れと拡散あるいは化学反応とが複合した非常に複雑な非線形問題となっている.これらの問題を解析する手段として最近著者らは新しい要素モデルを開発し二,三の例題に適用し好結果を得た.本報告では,そのモデルを用いた非圧縮粘性流れの解析法を紹介する.
内容記述: 特集:災害・公害からの都市機能の防護とその最適化に関する研究
URI: http://hdl.handle.net/2261/35178
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk029011026.pdf519.66 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください