UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/35545

タイトル: 教育における日本的平等観再考 : 障害児教育をめぐる運動言説の社会学的分析をてがかりに
その他のタイトル: Rethinking of Japanese Equality in Education : Analyzing Movement Discourses over Education for Children with Disability
著者: 澤田, 誠二
著者(別言語): SAWADA, Seiji
発行日: 2010年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 49巻, 2010.3, pp. 43-52
抄録: In the postwar education of Japan, it has been assumed that there is a Japanese original view of equality. It is a view of equality treating children regardless of their ability. But, recently, ability grouping class increases rapidly. Was the Japanese view of equality changed? This paper paid attention to the confrontation that happened by education for children with disability and analyzed their discourses. We find out that the school for handicapped is promoted by using value of equal opportunity and making to individuality properly, and that the confrontation is the one by the difference of the view of equality. The Japanese view of equality was not performed only to treat equally. It is necessary to contemplate this fact, and to restructure a Japanese view of equality.
URI: http://hdl.handle.net/2261/35545
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
edu_49_05.pdf1.21 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください