UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/35548

タイトル: 韓国における司法試験合格者の受験回想録の内容分析 : 資格試験と大学教育の歴史-社会的様相
その他のタイトル: A Contents Analysis of the Reminiscences about the Period for Preparing the Korean Bar Examination in the Republic of Korea : Focusing on the Socio-historical Linkage between Examination of Qualification and Education at Universities
著者: 朴, 炫貞
著者(別言語): PARK, Hyun-Jung
発行日: 2010年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 49巻, 2010.3, pp. 73-83
抄録: In this study, I analyzed the contents of reminiscences written by the Korean bars about their days prepared the Korean bar examination, named Sa-Bub-Shi-Heum (사 법 시 험,「司法試験」), from the perspective of linkage between examination of qualification and education at universities. In the existing qualification system for the bars in Korea, there is no institutional linkage between the two. But, there are substantial linkages caused by the hierarchy of university formatted by the scores made by each freshman at the national examination for undergraduate admission. The informal resources requiring for pass the bar examination is different with the hierarchy of university. In other words, the opportunity for pass the Korean bar examination is not equal, even though there are no restriction of academic background apply for the examination.
URI: http://hdl.handle.net/2261/35548
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
edu_49_08.pdf1.42 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください