UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/35550

タイトル: 学校支援地域本部の教育活動に関する一考察 : 中学校の事例研究を通じて
その他のタイトル: An Observation on Educational Activities of “Educational Back-up Intelligence Center” : Through Cases Study of Junior High-School
著者: 本迫, 庸平
著者(別言語): MOTOSAKO, Yohei
発行日: 2010年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 49巻, 2010.3, pp. 105-114
抄録: This paper focuses on educational activities of “Educational Back-up Intelligence Center(EBIC)”, which is run by community's people. EBIC was established lately for the supports of its owner school(s) in Japan, and Ministry of Education has made it project since 2008. Through two antecedent EBIC's cases study, the paper points out its educational functions; discipline, primary career sense and learning attitude. On the other hand, EBIC's educational activities have difficulty because it is practiced by community's people as amateur teacher. The paper suggests how they tackle the problem.
URI: http://hdl.handle.net/2261/35550
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
edu_49_10.pdf1.23 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください