UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/35551

タイトル: 高校生の国語・数学へのレリバンスの認識実態と規定要因 : 東京都の国立難関校と公立中位校との比較を通じて
その他のタイトル: The Actual Condition and the Regulated Factor of High School Students'Recognition of the Relevance to the Subject of National Language and Mathematics Through the Comparison of a National High School and a Public High School in Tokyo
著者: 山田, 美都雄
著者(別言語): YAMADA, Mitsuo
発行日: 2010年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 49巻, 2010.3, pp. 115-125
抄録: The purpose of this paper is firstly to understand the actual condition whether the high school student finds any relevance to
URI: http://hdl.handle.net/2261/35551
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
edu_49_11.pdf2.47 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください