UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/35554

タイトル: 中核市における教育行政組織機構の再編と公民館の位置づけ : 愛知県豊田市を事例として
その他のタイトル: The Study of “Kominkan” and the Restructuring of Regional Education Administration in the Core Cities : in the case of Toyota City
著者: 佐藤, 智子
著者(別言語): SATO ,Tomoko
発行日: 2010年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 49巻, 2010.3, pp. 149-159
抄録: The purpose of this paper is to clarify the factors causing some cities to restructure the organization of education board, supplementarily relegating the lifelong learning and social education department to mayoral subsidiary agency. // The restructuring of regional education administration is to “decentralize” decision-making based on communities in the case of Toyota City, Aichi Prefecture. These are some of the reasons why the city government reorganized education board and redefined “Kominkan” as a place where community residents have the opportunity to learn and to relate to a multiple of people.
URI: http://hdl.handle.net/2261/35554
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
edu_49_14.pdf1.24 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください