UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
生涯学習基盤経営研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/35626

タイトル: 学校-地域間関係の再編の動態についての「社会関係資本」の観点からの考察 : 大分県佐伯市の学校支援地域本部事業を事例として
その他のタイトル: A Study on the Reorganization of School and Community Relationships from the Viewpoint of“ Social Capital” : A Case Study on the Project for a“ Regional Center to Support Schools” in Saiki City, Oita Prefecture
著者: 荻野, 亮吾
著者(別言語): OGINO, Ryogo
キーワード: 学校・地域間関係
社会関係資本
学校支援地域本部
School and Community Relationships
Regional Center to Support Schools
発行日: 2010年3月30日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科生涯学習基盤経営コース内『生涯学習基盤経営研究』編集委員会
掲載誌情報: 生涯学習基盤経営研究. 34号, 2010.3, pp. 41-56
抄録: 本論文の目的は、大分県佐伯市の学校支援地域本部事業を事例として、学校・地域間の再編の動態を「社会関係資本」の観点から明らかにすることにあった。具体的には、各学校・公民館へのインタビュー調査結果の分析を行い、事業実施前後の変化を「制度」と<制度>の変化の観点から捉えた。 // 分析の結果、「制度」レベルでは、ゲストティーチャーや部活動の指導者としての受け入れが促進されつつ、教職員からの要望が強い環境整備の活動にも協力が求められる形で、地域人材の活用が進んでいくと予測される。<制度>レベルでは(a)学校・公民館関係については、日常的な職員交流が促進される可能性があること、(b)団体の状況については、団体の新設、転用、積極的な活用が見られ、再編の兆しが見られること、(c)「信頼」は個人間関係から、システム内の関係へと転換する可能性があることが明らかとなった。 // 今後の課題として、「社会関係資本」の概念を精緻化すること、継続的な実施によって経時的な効果を測定すること、学校と地域の関係について規範的な議論を展開することが挙げられる。
The purpose of this paper is to describe the movement toward the reorganization of school and community relationships from the viewpoint of "Social Capital," through a case study on the project for a "Regional Center to Support Schools" in Saiki City, Oita Prefecture. Specifically, I analyzed the survey data gathered by interviewing the teachers and staff of a community center, and examined the changes before and after the implementation of the project, from the viewpoint of "formal" and "informal" institutional changes. // The results showed the following. At the "formal" institutional level, the residents would be accepted more as guest teachers and leaders of the club activities, and also be expected to act as staff members for level, daily communication between the teachers and the staff could be promoted. Associations would be reorganized, by such as being newly created, diverted, or being actively used. The "trust" formation would be changed from being informal relationships on an individual level to formal ones within the system. // The future tasks are to elaborate the concept of "Social Capital," to measure the effects over the passage of time by continual surveys, and to present normative relationships between schools and communities.
内容記述: 論文/Thesis
URI: http://hdl.handle.net/2261/35626
ISSN: 1342193X
出現カテゴリ:生涯学習基盤経営研究
生涯学習基盤経営研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
life34_7.pdf8.13 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください