UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
生涯学習基盤経営研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/35629

タイトル: 公立図書館の事業決定過程に関する事例調査 : 埼玉県内公立図書館を対象に
その他のタイトル: Characteristics of Innovation Adoption in Libraries:A Case Study of the Libraries in Saitama Prefecture
著者: 松本, 直樹
著者(別言語): MATSUMOTO, Naoki
キーワード: 公共図書館
ボランティア
ビジネス支援サービス
障害者サービス
Public Library
Library Volunteer
Library Service for the Handicapped
Business Information Service
発行日: 2010年3月30日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科生涯学習基盤経営コース内『生涯学習基盤経営研究』編集委員会
掲載誌情報: 生涯学習基盤経営研究. 34号, 2010.3, pp. 87-97
抄録: 埼玉県の市立図書館を対象に3事業の採用プロセスを研究した。特に注目したのは、問題が図書館の課題として認識されるプロセス、課題とされた問題が決定に至る条件、検討プロセスと決定案との関係、である。結果、問題の提起は、図書館の外部からなされる場合と内部からなされる場合があった。しかし、実際に検討すべき課題に位置づけていたのはほとんどが図書館長をはじめとした管理職であった。事業採用の決定はすべてで会議などのフォーマルな手続きを経ていなかった。検討プロセスと決定案の分析から図書館が直面していた問題や類似サービスの存在などが採用される事業の特徴に強く影響を与えていることが分かった。
This paper describes a study on the innovation adoption processes at municipal libraries in Saitama Prefecture. In particular, the study examined the following three aspects: situations wherein the librarians noticed problems, conditions in which the innovations were adopted, and relationship between the decision-making processes and the characteristics of the innovations. The result revealed that many actors, including citizens and librarians, suggested the innovations. In most cases, the library directors decided to handle the problems themselves and adopted the innovations without engaging in formal decision-making procedures such as meetings. The result also revealed strong correlations between how the issues were perceived and the existence of similar innovations.
内容記述: 論文/Thesis
URI: http://hdl.handle.net/2261/35629
ISSN: 1342193X
出現カテゴリ:生涯学習基盤経営研究
生涯学習基盤経営研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
life34_10.pdf5.15 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください