UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
生涯学習基盤経営研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/35631

タイトル: 親密性としての“性-愛”論の構図
その他のタイトル: Studies on the Structure of“ Intimacy” Focusing on“ Love” and“ Sexual Intimacy”
著者: 中村, 由香
著者(別言語): NAKAMURA, Yuka
キーワード: 親密性

近代家族
Intimacy
Modern Family
Love
発行日: 2010年3月30日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科生涯学習基盤経営コース内『生涯学習基盤経営研究』編集委員会
掲載誌情報: 生涯学習基盤経営研究. 34号, 2010.3, pp. 113-122
抄録: 本稿の目的は近代家族と親密圏・親密性についてのこれまでのアプローチを,近代感情現象のシンボルである“愛”の側面から整理することにある。親密圏に関する理論研究において,親密圏は近代家族と同一視されてきた。そして,近代家族間での親密性の靱帯となったのは,異性間の“性”的な関係を含意した“愛情(=恋愛)”であった。近代家族研究,ジェンダー研究などの歴史社会学研究においても,“愛”の存在は自明視され,それに対して政治的視点から評価し,変革しようという研究が蓄積されてきた。“愛”は,まさに家族社会学者やフェミニズムからの糾弾を受ける原因となってきたものの,それ自体が家族ひいては親密圏という存在の否定につながるものではない。“愛”は,“家族関係の維持”という点でもある種の安定性を持っていたと同時に,“性”という衝動的な感情を含みこむことから生じる不安定性・衝動性と共存する役割を果たしてきた。本稿では,このような“性”と“愛”の関係から,親密圏を親密たらしめる持続性の構造的内実の一端を明らかにすることで,その否定・肯定のどちらかに終始するのではない親密性概念を抽出する為のアプローチを見出そうとする。
The paper considers the relationships between the modern family and intimacy analyzed by “love” as a symbol of emotionality. When most researchers discuss the theory of the private and intimate sphere, they regard that sphere as a modern family. So, the notion of “intimacy” is often equal to the ties of the members in a modern family. Intimacy such as “affected family and conjugal affection” gives the image as freedom, peace and stability. But, a recent paper considers the considerable problems such as the individualization and diversity of family forms. As above mentioned, intimacy has been given a positive image and a negative image. In this article, the sociological approach, family historical approach, and the feminism approach are mentioned, and analyzed from two sides as “sexual intimacy” and “emotional intimacy”. Through these analyses, we know that “sexual intimacy has an impulsive and unstable nature, while on the other hand, “emotional intimacy” has vitality and a stable nature. Both are reciprocal compliments. // In this paper, I not only give the positive or negative image, but present the way of approach about why people have intimacy and what elements form that connection.
内容記述: 研究ノート/Notes
URI: http://hdl.handle.net/2261/35631
ISSN: 1342193X
出現カテゴリ:生涯学習基盤経営研究
生涯学習基盤経営研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
life34_12.pdf531.15 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください