UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
22 考古学 >
東京大学考古学研究室研究紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/35636

タイトル: 東京大学文学部列品室所蔵青銅爵に関する考察 : 特に製作技術の面から
その他のタイトル: A Syudy of the Bronze Jue-Cup owned by the University of Tokyo
著者: 鈴木, 舞
著者(別言語): SUZUKI, Mai
キーワード: 青銅爵
合范線
鋳型
製作技術
二里頭期
二里岡期
青铜爵
合范线
陶范
制造技术
二里头时期
二里冈时期
発行日: 2010年3月20日
出版者: 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部考古学研究室
掲載誌情報: 東京大学考古学研究室研究紀要. 第24号, 2010.3, pp. 1-28
抄録: 本稿では、東京大学文学部列品室所蔵の2点の二里岡期青銅爵を主な検討対象としている。その中でも特に、その製作技術に注目し、殷代初期における青銅器製作工人の系統に関して考察を行った。最初に、両爵それぞれの器形に基づいて、年代の位置づけを行った。次に、その製作技術面,とりわけ器表面に残る合范線から、製作時の鋳型構造の復元を試みた。その結果、そのうち1 点の爵は、器形からは二里岡期の中でも特に早い段階に位置づけられる一方、鋳型構造から見ると二里頭期の技術を使用し続けていたということが分かった。このような青銅爵の存在を明らかにすることで、殷代初期の段階では、青銅器の生産を依頼した側は二里岡系、つまり殷系であったのに対し、一部の青銅器製作者たちは二里頭系,つまり「夏」系であったという可能性を提示した。
URI: http://hdl.handle.net/2261/35636
ISSN: 18803784
出現カテゴリ: 東京大学考古学研究室研究紀要
東京大学考古学研究室研究紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kouko2401.pdf2.42 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください