UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
122 新領域創成科学研究科 >
12 基盤科学研究系 先端エネルギー工学専攻 >
1221210 学術雑誌論文 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/35649

タイトル: レーザー吸収分光法における吸収飽和の並進温度測定への影響
その他のタイトル: Absorption Saturation in Laser Absorption Diagnostics
著者: 松井, 信
小川, 悟史
小紫, 公也
荒川, 義博
著者(別言語): MATSUI, Makoto
OGAWA, Satoshi
KOMURASAKI, Kimiya
ARAKAWA, Yoshihiro
キーワード: Laser absorption
Absorption saturation
Diode laser
発行日: 2002年
出版者: プラズマ応用科学会
掲載誌情報: プラズマ応用科学. Vol.10, 2002, pp. 17-22
抄録: Absorption saturation appears in laser absorption spectroscopy when laser intensity becomes so high that the laser disrupts a population of absorbing particles in plasma. In this study, influences of saturation on translational temperature and integrated absorption coefficient measurement were investigated. An argon discharge tube was used and ArI absorption lines at 840.82nm and 842.46nm are examined. As a result, a variation of integrated absorption coefficient caused by the saturation phenomenon is well agreed to a theoretical curve. As for the translational temperature, if the laser intensity is smaller than a saturation laser intensity by an order of magnitude, true translational temperature would be obtainable.
URI: http://hdl.handle.net/2261/35649
ISSN: 13403214
出現カテゴリ:1221210 学術雑誌論文
014 自然科学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
3_Org_Plasma_10_17.pdf本文(fulltext)169.55 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください