UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
122 新領域創成科学研究科 >
12 基盤科学研究系 先端エネルギー工学専攻 >
1221210 学術雑誌論文 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/35651

タイトル: レーザー駆動プラズマ風洞による高密度酸素原子流の生成
その他のタイトル: Generation of High Density Atomic Oxygen Flows by Laser Driven Plasma Wind Tunnel
著者: 新見, 耕二
松井, 信
小紫, 公也
荒川, 義博
著者(別言語): SHINMI, Koji
MATSUI, Makoto
KOMURASAKI, Kimiya
ARAKAWA, Yoshihiro
キーワード: Laser sustained plasma
Atomic oxygen
High enthalpy flow
Laser diagnostics
発行日: 2008年
出版者: プラズマ応用科学会
掲載誌情報: プラズマ応用科学. Vol.16, No.1, 2008, pp. 9-14
抄録: High density atomic oxygen flows were generated by a laser driven plasma wind tunnel using a 2 kW class continuous wave laser. Using argon and oxygen as working gases, laser sustained plasma (LSP) was successfully produced in the plenum pressure range from 0.20 MPa to 0.95 MPa, and then the LSP was expanded to the vacuum chamber through the convergent-divergent nozzle. Plume characteristics were evaluated by laser absorption spectroscopy using an absorption line of ArI 772.38 nm. As a result, the specific enthalpy has almost flat distributions around 3.7 MJ/kg – 4.8 MJ/kg in the radial region less than 3 mm, where oxygen was found fully dissociated. The maximum flux density of atomic oxygen was estimated to be 2.2×1021 cm-2s-1.
URI: http://hdl.handle.net/2261/35651
ISSN: 13403214
出現カテゴリ:1221210 学術雑誌論文
014 自然科学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
17_Org_Plasma_16_9.pdf本文(fulltext)618.5 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください