UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
116 農学生命科学研究科・農学部 >
20 生圏システム学専攻 >
1162010 学術雑誌論文 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/35821

タイトル: 環境特性に基づくアジア地域の土地分類と耕作強度土地荒廃パターンとの関連性
その他のタイトル: Numerical Land Classification of Asia Region using Environmental Characteristics and its Relationship with Cultivation Intensity and Soil Degradation Patterns
著者: 立入, 郁
恒川, 篤史
武内, 和彦 
著者(別言語): TACHIIRI, Kaoru
TSUNEKAWA, Atsushi
TAKEUCHI, Kazuhiko
キーワード: 土地分類
環境特性
耕作強度
土壌荒廃 |アジア
land classification
environmental characteristics
Cultivation intenslty
soil degradation
Asia
発行日: 1997年
出版者: 社団法人環境情報科学センター
掲載誌情報: 環境情報科学論文集. 11, 1997, pp. 69-74
抄録: 南緯20°から北緯60°、東経60度から同160°の範囲において,緯度1°×経度1°を単位とし、植生、標高、土壌、年平均気温,年降水量の各データを用いてアジア地域の土地分類をおこなった。 分類はcorrespondence analysisによって3次元空間に各サンプルをプロットしたのち、 cluster分析を適用することによっておこなった。その結果、入力データのうち特に気温と降水量の寄与が大きく、それは分類後のカテゴリーの配置が、チベット高原を中心とした同心円上の構造と熱帯から亜寒帯へと変化する南北の構造を持つことにあらわれた。また、分類結果と耕作強度や土壌荒廃のようすとの関連性をX 2検定によって調べたところ、統計的に有意な関連を持つことが示された。
1 °× 1° grid cells in the Asia region Were Classified using the datasets of vegetation, elevation, soil type, mean annual temperature and annual precipitation・ Correspondence analysis was used for plottng the samples on threedimensional space, followed by the cluster analysis for classifying all samples into ten categories. The result of correspondence analysis indicates that temperature and precipitation are the most important factors causing remarkable spatial structures, that is, the concentric circle centering Tibetian Highlands and South to North change from tropics to subpolar. This land classification is verified by using χ square test tO highly correspond to cultivation intensity and distribution of soil degradation.
URI: http://hdl.handle.net/2261/35821
ISSN: 03896633
出現カテゴリ:1162010 学術雑誌論文
014 自然科学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kankyoron_11_69.pdf723.73 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください