UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
116 農学生命科学研究科・農学部 >
20 生圏システム学専攻 >
1162010 学術雑誌論文 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/35826

タイトル: 生態系モデルを用いた異なる立地特性における砂漠化プロセスの差異に関する研究
その他のタイトル: Model Study on DesertiAcation Process varyingwith different geographical conditions
著者: 岡安, 智生
佐々木, 雄大
JAMSRAN, Undarmaa
武内, 和彦 
著者(別言語): OKAYASU, Tomoo
SASAKI, Takehjro
JAMSRAN, Undarmaa
IAKEUCHI, Kazuhiko
キーワード: 砂漠化
生態系モデル
立地特性
風食
desertification
ecosystem model
geographical condition
wind erosion
発行日: 2006年
出版者: 社団法人環境情報科学センター
掲載誌情報: 環境情報科学論文集. 20, 2006, pp. 59-64
抄録: 本研究では,モンゴル国で見られた立地特性により異なる砂漠化プロセスを例に取り,生態系モデルと風食モデルをカップリングさせることで,立地条件の違いによる成立植生の差異を,過放牧に対する応答の差異も含めて単一のモデルで再現することを試みた。その結果,土性の違いが風食等の差異を生み,質的に明確に異なる砂漠化プロセスを再現することができた。植生機能タイプによる裾の鉛直分布の差異の除去,もしくは風食の影響の除去をした状態でのシミュレーションを行ったところ,現象は再現できず,両要因が今回行った例を再現するのに不可欠であることがわかった。
In this study the simulation of the establishment of different vegetation types as well as different responses to grazing pressure was conducted, using a single model which coupled the ecosystem model and wind erosion model, and by using the results of a field survey in Mongolia as an example. It was successfully simulated that the difference in soil texture led to different physical characteristics such as wind erosion intensities, By testing the simulation condition without the difference of root distribution with plant functional types, and without wind erosion impact, the example could not be simulated. Thus it was found that both factors are essential for the simulation.
URI: http://hdl.handle.net/2261/35826
ISSN: 03896633
出現カテゴリ:1162010 学術雑誌論文
014 自然科学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kankyoron20_59.pdf734.73 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください