UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
116 農学生命科学研究科・農学部 >
20 生圏システム学専攻 >
1162010 学術雑誌論文 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/35827

タイトル: モンゴル乾燥半乾燥地域における植生指数の空間パターンを利用した砂漠化モニタリング手法の検討
その他のタイトル: Discussion about the desertification monitoring method using spatial patterns of vegetation index in Mongolian arid and semi-arid region
著者: 森, 暁雄
岡安, 智生
佐々木, 雄大
ジャムサラン, ウンダルマー
武内, 和彦
著者(別言語): MORI, Akio
OKAYASU, Tomoo
SASAKI, Takehiro
JAMSRAN, Undarmaa
TAKEUCHI, Kazuhiko
キーワード: 砂漠化
過放牧
衛星リモートセンシング
放牧頻度
NDVI空間パターン
desertification
overgrazing
satelite remote sensing
grazing gradient
NDVI spatial pattern
発行日: 2006年
出版者: 社団法人環境情報科学センター
掲載誌情報: 環境情報科学論文集. 20, 2006 pp. 351-356
抄録: 衛星データによる在来の砂漠化モニタリングの多くは植生量の減少を砂浜化の進行と捉えているが,砂浜化が必ずしも植生量の減少を伴わないことが既往のフィールド研究により明らかとなっている。そこで本研究では,モンゴル乾燥・半乾燥地域を対象に,放牧慎度に沿った植生指数の空間パターン(NDVI空間パターン)を用いて砂漠化モニタリングを試みた。この手法により,草本域での突出型,潅木域での漸増型といった植生の成立する環境によって異なる砂教化の傾向を捉えることができた。また, 1991年と2004年のNDVIの空間パターンを比較することで2時期間における砂妻葵化の進行を捉えることができた。
In existing desertification monitoring, a decrease in biomass is considered an indicator of desertification, although biomass does not necessarily decrease in the progress of desertification. In this study, We conducted desertification monitoring using the patterns of vegetation index along grazing gradients (NDVI spatial patterns hereafter) in a Monglian arid and semi-arid region. Our results indeicated that NDVI spatial patterns could distinguish different responses among different physiognomic vegetations, such as a gradual increase pattern in shrubland a prominent pttern in grassland. We could also identify the progress of desertification by comparing NDⅥ spatial patterns in 1991 and in 2004.
URI: http://hdl.handle.net/2261/35827
ISSN: 03896633
出現カテゴリ:1162010 学術雑誌論文
014 自然科学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kankyoron20_351.pdf950.93 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください