UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/360

タイトル: 大正デモクラシーと公民教育の形成
その他のタイトル: Taisho-Democracy and Formation of Civic Education
著者: 森部, 英生
著者(別言語): Moribe, Hideo
発行日: 1978年2月28日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 17巻, 1978.2, p.109-123
抄録: "Civic Education" in Japan has been emphasized at least three times until now ; first in the period of Taisho-Democracy, second in the termination of the World War II , and third in 1969. "Civic Education" or "Staatsbiirgerliche Erziehung" was in fashion before or after World War I , and "Civic Education" of the day in our country belonged to that global tendency. This treatise takes a bird's-eye view of the process of formation of "Civic Education" in Taisho-Democracy stage. I'll intend to search the conditions of formation of "Civic Education" in Japan for thepurpose of making that meaning clear.
URI: http://hdl.handle.net/2261/360
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000687223.pdf1.93 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください