UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/367

タイトル: 第一次大戦後の「教育改革」と教育費問題 : 市町村義務教育費国庫負担法の成立をめぐって
その他のタイトル: A Study of Policy of National Grant for Compulsory Education Expenditure after World War I
著者: 仲田, 陽一
著者(別言語): Nakata, Yoh-ichi
発行日: 1978年2月28日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 17巻, 1978.2, p.221-232
抄録: It was 1918 when "The Law of National Grant for Compulsory Education Expenditure" was enacted in Japan. The system in which the grant was paid from national treasury for compulsory education expenditure was established by this law. The purpose of this paper is to clarify the characteristic of the law. Then, this paper aims to examinethe process of the enactment of the law and the function of the national grant system.
URI: http://hdl.handle.net/2261/367
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000687230.pdf1.4 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください