UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/36785

タイトル: 教育法現象の研究に関する一考察 : 「保護者の教育参加」における教育法意識研究の手がかりとして
その他のタイトル: An Essay on the Method of Study for Legal Phenomenon in Education : As a Clue for Law-consciousness Research in Parents'Educational Participation
著者: 韓, 相俊
著者(別言語): HAN, Sang-Joon
発行日: 2003年3月
出版者: 東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要. 22号, 2003.3, pp. 73-85
抄録: This paper attempts to inquire the methodology for the Sociology of Law, in order to gain a method to study legal phenomenon in education. Before that, in this paper, an educational phenomenon has a close relation with law, and parents’ educational participation is also recognized to be a legal phenomenon of education in relations with educational law. It aims at analyzing parents’ consciousness (law-consciousness) and action in educational system, especially in a school where their children are attending, after this. Then, tried to build the theoretical structure, to confirm that a parents’ educational participation is a kind of educational system, and to research the parents’ legal-consciousness to educational participating system where they are concerned.
URI: http://hdl.handle.net/2261/36785
ISSN: 13421980
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要
東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
eac022007.pdf69.17 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください