UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/36802

タイトル: <個人論文>教育委員会における意思決定に関する一考察 : 事務委任制度と事務局の政策形成過程の分析を通じて
その他のタイトル: <Individual Paper>One Consideration about Decision Making inthe Board of Education : Throughan Office Work Commission System and Analysis of a Policy Formation Process of the Secretariat
著者: 押田, 貴久
著者(別言語): OSHIDA, Takahisa
発行日: 2006年3月30日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要. 25号, 2006.3, pp. 1-16
抄録: The purpose of this report is to analyze the decision-making location in the Board of Education and a policy formation process in the secretariat. At first, I examine the decision-making location of the Board of Education from "a rule to depend on commission of authority of the Board of Education". Subsequently I analyze it based on an example about the actual situation of a policy formation process in the Board of Education secretariat. Finally, 1 consider a role of the Board of Education and the superintendent of education - secretariat and a policy decision system in the Board of Education secretariat through these analysls.
URI: http://hdl.handle.net/2261/36802
ISSN: 13421980
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要
東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
eac025001.pdf1.66 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください