UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
東京大学大学院教育学研究科教育行政学論叢 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/36873

タイトル: <個人論文>「開かれた学校づくり」における保護者の位置の諸問題
その他のタイトル: <Individual Papers> Difference in the outlooks for family-school partnerships and its implicationin the recognition of the barriers to family-school cooperation
著者: 仲田, 康一
著者(別言語): NAKATA, Koichi
発行日: 2010年3月30日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科学校開発政策コース
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科教育行政学論叢. 29号, 2010.3, pp. 25-37
抄録: In this article, I investigate how scholars differ in outlook for family-school partnerships referring the discussion in U.S. and U.K. After overviewing the theory of family-school partnerships, its criticisms are considered in 3 categories. The first indicates the flaw in program evaluations, the second is from the viewpoint of class difference, and the third is characterized by the term such as conflict, control and power. Based upon these consideration, I assert the necessity of investigating family-school relationships from micro-political perspective.
URI: http://hdl.handle.net/2261/36873
ISSN: 13421980
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科教育行政学論叢
東京大学大学院教育学研究科教育行政学論叢

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
eac029004.pdf1.17 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください