UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
東京大学大学院教育学研究科教育行政学論叢 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/36877

タイトル: <共同研究>東京都の教員は主任教諭制度をどう受けとめたか : アンケートの分析を中心に
その他のタイトル: <Group Paper> How did teachers in Tokyo respond to the introduction of 'Shunin Kyoyu '? : An examination of survey results
著者: 藤田, 博
高野(葛西), 耕介
勝野, 正章
著者(別言語): FUJITA, Hiroshi
KONO (KASAI), Kosuke
KATSUNO, Masaaki
発行日: 2010年3月30日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科学校開発政策コース
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科教育行政学論叢. 29号, 2010.3, pp. 97-120
抄録: In April 2009 Tokyo Metropolitan Education Board appointed about fourteen thousand teachers as ‘Shunin Kyoyu’ (Senior Teacher). This new breed of teaching force is supposed to have ‘knowledge and experience of a high order’. They are expected to play a leading part in school management. However, the addition of this new layer is criticized on the ground that it is divisive and that it will reduce the professional autonomy of teachers. An interesting question then arises as to how this new policy of teaching personnel and school management will work, together with related policies concerning pay and professional development. The aim of the present paper is to initiate the discussion about this question. To do so, we will examine the results of survey which asked teachers about their perceptions and reactions to the introduction of ‘Shunin Kyoyu.’
URI: http://hdl.handle.net/2261/36877
ISSN: 13421980
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科教育行政学論叢
東京大学大学院教育学研究科教育行政学論叢

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
eac029008.pdf2.56 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください