UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
122 新領域創成科学研究科 >
35 環境学研究系 人間環境学専攻 >
1223525 修士論文(環境学研究系人間環境学専攻) >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/37083

タイトル: 自動車用操作スイッチの動特性と操作感覚に関する研究(要旨)
著者: 森岡, 崇
著者(別言語): Morioka, Takashi
キーワード: Haptic
Switch Feeling
Sensory Evaluation
Force Feedback
発行日: 2009年3月23日
抄録: Designing switches is time consuming because the relationships between characteristics of a desired switch and design parameters such as spring stiffness or stroke are not very clear, and furthermore, physical evaluation requires prototypes. A haptic Virtual Prototyping Environment (VPE), in which CAE (Computer-Aided Engineering) and haptic interface work together to display virtual feelings of mechanisms designed by CAD (Computer-Aided Design) will enable designers to feel the motions of the designed switches without prototypes. This paper presents an evaluation of relationships between dynamic characteristics and switch feeling. Measurement of acceleration and sensory evaluation show that dynamic characteristics affects as much on the quality of reality as static characteristics. They also indicate the mutuality in characteristics of acceleration and sensory characteristics.
内容記述: 報告番号: ; 学位授与年月日: 2009-03-23 ; 学位の種別: 修士 ; 学位の種類: 修士(環境学) ; 学位記番号: 修創域第3064号 ; 研究科・専攻: 新領域創成科学研究科人間環境学専攻
URI: http://hdl.handle.net/2261/37083
出現カテゴリ:025 修士論文
1223525 修士論文(環境学研究系人間環境学専攻)

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
K-01777-a.pdf要旨(summary)269.02 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください