UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/37953

タイトル: 調査報告 : 海域・唐山地震の被害と中国の耐震研究 : Damage Due to Haicheng and Tangshan Earthwuakes and Research on Earthquake Engineering in China
著者: 田村, 重四郎
岡本, 瞬三
久保, 慶三郎
片山, 恒男
韓, 国城
小川, 好
野中, 昌明
著者(別言語): Tamura, Choshiro
Okamoto, Shunzo
Kubo, Keizaburo
Katayama, Tsuneo
Tatsuoka, Fumio
HAN, Guo cheng
Nonaka, Masaaki
発行日: 1982年1月1日
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 34(1), 1982.1.1, pp.
抄録: 1975年海域地震、1976年唐山地震によって中国では甚大な人的および物的被害が生じた。本報告は、東京大学生産技術研究所の耐震工学の研究者を中心とした調査団が1981年夏に中国を訪問して海域県・唐山市・天津市をはじめとする各地で調査した結果をとりまとめたものである。この調査によって、両地震による建築物・土木構造物等の被害の実体がかなり明らかになった。特にレンガ造りの構造物の脆弱さが再認識された一方、よく設計・施工されている構造物の被害は少なかったことがわかった。
内容記述: 小特集:海域・唐山地震の被害と中国の耐震研究
URI: http://hdl.handle.net/2261/37953
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk034001002.pdf1.36 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください