UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/385

タイトル: カウンセリングに関する実験的検討(I) : 非言語的な視点から
その他のタイトル: Experimental Study on Counseling (I) : A Non-verbal Aspect
著者: 佐治, 守夫
鵜養, 美昭
著者(別言語): Saji, Morio
Ukai, Yoshiaki
発行日: 1980年2月15日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 19巻, 1980.2, p.1-14
抄録: There are two major purposes in the present thesis. In the first place, we aim to count out the visible physical movements of counselors and their clients seen in an experimental counseling situation. In the second, this study aims to try to divide the counseling pairs into three groups with the aid of Tabata's "Psychotherapeutic Experience Inventory" and to examine the statistical difference of the numbers of the movements between high-score group and the lowscore one. In the procedure of comparison between the two, we found that the numbers of the movements of the high-score group change in a consistent way in harmony with the therapeutic process and that of the low-scored do not. Another major finding is that the number of the movements of counselors and clients is influenced by his inner attitude and emotioal state.
URI: http://hdl.handle.net/2261/385
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000687240.pdf1.2 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください