UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/38948

タイトル: 研究解説 : 不連続体力学のすすめ(その7) : 薄肉鋼構造の極限強度シミュレーション
その他のタイトル: Development of Discontinuum Mechanics 7 : Computer Simulation on the Ultimate Strength of Thin-Walled Steel Structures
著者: 都井, 裕
川井, 忠彦
著者(別言語): TOI, Yutaka
Kawai, Tadahiko
発行日: 1984年1月1日
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 36(1), 1984.1.1, pp. 9-16
抄録: 薄肉鋼構造の極限強度問題に対する剛体・ばねモデル(RBSM)の応用現況を、最近の成果を中心に総括的に解説する。すなわち、すでに基本アルゴリズムの完備している薄肉構造用の各要素モデルの概要を述べた後、RBSMによる極限強度シミュレーションの有用性を論ずる上で代表的と考えられる塑性崩壊問題、衝撃崩壊問題、および塑性安定問題に対する計算例を紹介する。合わせて、既存の数値解法との関連、今後の問題点などにも触れる。
URI: http://hdl.handle.net/2261/38948
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk036001003.pdf715.43 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください