UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/38957

タイトル: 特集2 : セルフフラッシング法による放電加工
その他のタイトル: A Self-Flushing Method for EDM
著者: 増沢, 隆久
著者(別言語): MASUZAWA, Takahisa
発行日: 1984年2月1日
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 36(2), 1984.2.1, pp. 47-52
抄録: 放電加工法において極間に生ずる加工くずの処理は未解決で残されている大きな問題の一つである。この解決法の一つとして電極多次元運動によるポンプ効果を利用したセルフフラッシング法が提案され、その有効性が示された。本稿ではその概要について解説する
内容記述: 特集 生産・加工システムの最適化
URI: http://hdl.handle.net/2261/38957
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk036002003.pdf427.07 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください