UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
117 経済学研究科・経済学部 >
70 日本経済国際共同センター >
Discussion Paper J series (in Japanese) >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/39548

タイトル: 太平洋戦争期における三菱銀行の支店展開と資金循環
その他のタイトル: Branch Network and Internal Flow of Funds of Mitsubishi Bank during the Second World War
著者: 岡崎, 哲二
著者(別言語): Okazaki, Tetsuji
発行日: 2010年12月
出版者: 日本経済国際共同センター
抄録: This paper explores the flow of funds inside Mitsubishi Bank during the Second World War, focusing on the impacts of acquisition of Daihyaku Bank in 1943 and the Designated Financial Institution System in 1944. Acquisition of Daihyaku Bank substantially expanded the branch network of Mitsubishi Bank, and Mitsubishi Bank utilized those newly acquired branches mainly as a device for deposits collection. A large part of the deposits collected at the branches was sent to the headquarters of Mitsubishi Bank, which, in turn, allocated the funds to loans based on the Designated Financial Institution System, as well to government bonds following the instruction by the National Financial Control Association.
内容記述: 『三菱史料館論集』12:183-203 (2011年) 所収
URI: http://hdl.handle.net/2261/39548
その他の識別子: CIRJE-J-231
出現カテゴリ:061 ディスカッションペーパー
Discussion Paper J series (in Japanese)

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2010cj231.html605 BHTML見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください